ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

2017年の読書をふり返る

f:id:SengChang:20180310180403p:plain

昨年は試験や仕事がずいぶん忙しくなったせいでめっきり量が減った感がある。しかし拾い読みはいつにも増して多く、実際に吸収できたものはかなり多かったように思う。残念ながら漫画にふれる時間はまったくなかった。昨年同様、ノベルゲームについては、下半期の総括記事にまとめたのでそちらにゆずる。

 

<リスト>

関係としての自己(木村敏; 再読)

これがニーチェだ(永井均

ウィトゲンシュタイン入門(永井均

SWAN SONG瀬戸口廉也

少女マイノリティ(pure more)

死体泥棒(唐辺葉介; 再読)

シンボルスカ詩集

Light, Grass, and Letter in April(Inger Christensen)

半分の月がのぼる空6(橋本紡

少女アクティビティ(pure more)

水葬銀貨のイストリア(ルクル)

アマツツミ(御影)

瓶詰の地獄(夢野久作

神樹の館(希)

風土(和辻哲郎

Phantom INTEGRATION(虚淵玄

少女地獄(夢野久作

秋の花(北村薫

すみれ(片岡とも

ナルキッソス-すみれ-(片岡とも

我と汝(マルティン・ブーバー

自分ということ(木村敏; 再読)

AIR麻枝准

腐り姫(Liar-soft)

西田幾多郎の生命哲学(檜垣立哉

死の国・熊野(豊島修)

霞外籠逗留記(希)

熊野詣(五来重

らくえんTerraLunar

ファタモルガーナの館(Novectacle)

日本の景観(樋口忠彦)

枯れない世界と終わる花(SWEET&TEA)

暗い部屋(唐辺葉介

神と自然の景観論(野本寛一)

西田幾多郎の思想(小坂国継; 再読)

西田幾多郎の生命哲学(再読)

西田幾多郎哲学論集(Ⅰ-Ⅲ; 再読)

灯台へヴァージニア・ウルフ; 再読)

フランケンシュタイン(メアリー・シェリー; 再読)

テュンセット(ヒルデスハイマー)

吉野葛蘆刈谷崎潤一郎; 再読)

ナルキッソス0(片岡とも

ナルキッソス片岡とも; 再読)

西田幾多郎永井均

ノラと皇女と野良猫ハート(HARUKAZE)

 

文学の話題からふれてみると、昨年はまず北村薫の『秋の花』が抜群によかった。お話としてあれほど繊細なものを久々に読めたという充実感が大きく、多くのひとにおすすめできる一作である。また『半分の月がのぼる空』については言うまでもなく、こちらは記事として一本追加で筆を走らせたのでそちらをご参照いただきたい。

sengchang.hatenadiary.com

また、ここには記載していないが、松浦寿輝の「幽」という小説が、昨年読んだ小説としては最も文学的価値の高い小説であったように思う。

sengchang.hatenadiary.com

現在の関心のひとつである「うちとそと」の文化に関わる、家のなかの亜空間を巧みに利用した風変わりな小説であった。美しい文体も文句のつけようがないほど見事である。さらに再読した谷崎の『吉野葛蘆刈』は、以前に読んだときよりもはるかに強く印象に残った。今後も幾度となく読み返すであろう重要な一冊となった。

哲学については、一年を通して西田幾多郎と付きあいつづけた。あらゆる哲学者のなかで西田が一番いまの自分にはぴたりとくることがわかり、これから数年かけて、少しずつ深いところまで入ってゆこうと考えている。

そして昨年間違いなく最も収穫があったのは民俗学の文献にふれた経験であった。熊野を中心とした文献にあたり、現在は折口信夫赤坂憲雄、野本寛一、五来重といった民俗学者と付きあいはじめているが、2018年はこの分野をどう自分の文学にとり込んでゆくかが大きな課題となりそうである。なかなかひと言で言いあらわすのはむつかしいが、“自然”はここ10年来で、研究に限らず、自分の大きなテーマとして掲げてきたものであり、それがようやく具体的な形をとりつつあると感じた。自然信仰を中心とし、景観論も含めながら、民間伝承という文学が土地や習俗とともにどのように形成されてきたのかをより深く研究することが、今年一年の最優先事項となるにちがいない。

f:id:SengChang:20180310180404p:plain
⇒2016年の読書をふり返る - ワザリング・ハイツ -annex-

⇒2015年の読書をふり返る - ワザリング・ハイツ -annex-