ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

アニメ(anime)

2017年上半期レビューまとめ

2017年上半期に本サイトで掲載したアニメおよびノベルゲームのレビューをふり返る記事。各作品の所感を短くまとめて紹介します。プレイした時期が一年以上前のものも混ざっているため、今年鑑賞したものには、作品名の横に2017と表記しておきました(発売・…

恣意的アニメ概論 後夜

深刻な社会問題をアニメ化するなど不謹慎極まりない、と言う大人には、それでは若者が主体的に社会問題を考えたくなるような策を別に提示してみろ、と言っておく。語る価値のない作品もかなり多い表現領域だが、それなりに意義をもった、議論されるべき物語…

恣意的アニメ概論 前夜

昨年度に仕事で行った講義でアニメについてとりあげる機会があり、いくつかの窓を用意するような形で、連関しないトピックを並べて話をした。日本の文化的特徴を映したポストモダン的主題、として以下の話を総括することもできるが、私が恣意的に気になる話…

『花咲くいろは』を読む(感想・レビュー)

能登旅行記念に全話を通して見直してみたところ、やはりひと味ちがう面白さがあり、改めて感服した。仕事についての安い教訓を繰り言のように並べる作品がいまだ多いなかにあって、そういった押しつけがましい科白をいっさい挟むことなく、仕事の良し悪しを…

『猫物語』を読む(感想・レビュー)

以前とりあげた『花物語』に続いて今回は『猫物語』(つばさタイガー)をとりあげてみたい。化物語シリーズのくどさは折紙つきであり、さらにはシリーズをある程度追わなければこの物語にはたどりつかないわけだけれど、改めて見てみると、なるほどこれは面…

2016年下半期レビューまとめ

2016年下半期に本サイトで掲載したアニメおよびノベルゲームのレビューをふり返る記事。各作品の所感を短くまとめて紹介していきます。漫画および文学作品ははずしているのでご注意。また、作品のなかには昨年より前に鑑賞したものもあるため、今年出逢った…

『雲のむこう、約束の場所』を読む(感想・レビュー)

喪失感のお化け新海誠のすぐれた作品のひとつ。さすがにもう新海作品を見て切なくなる歳でもないけれど、これだけ恥ずかしいモチーフをよくぞここまで追求したものだと感心してしまうし、実際の表現そのものも堂に入った秀作ばかりで、国内外ともに評価は高…

『たまゆら』を読む 後夜

すでにある大切なものを確認する物語。大きな変化はなく、出だしの状態からほとんどなにも変わらないのだけれど、ひとはなぜ過去をふり返らなければならないのか、その問いかけに対する答えがまっすぐに伝わってくる。いまの自分がなにをもっているのか、な…

『たまゆら』を読む 前夜

つい先日に劇場版四篇がすべて終了。五年にわたるシリーズ全篇が完結した。 一番好きなアニメはなにかというべたべたな質問に私は、『たまゆら』だ、となんのためらいもなく答えられてしまう。この作品は私にとって非常に特別な物語であり、本記事はあくまで…

『氷菓』を読む(感想・レビュー)

小説の領域でもアニメの領域でも「『氷菓』が好きだ」とあまり大きな声では言えない風潮が息苦しくて癪である。だがたとえば同時代の作家で米澤穂信のような物語を書けるひとはいないし、機知に富んだ文章も眼を見はるものがあり、彼に眼をつけた京アニはさ…

『花物語』を読む(感想・レビュー)

アンチが山のように湧く「化物語シリーズ」のうちこれだけは再評価を強く勧めたいという一作。沼地蝋花の抱える地獄は感情論では解決できず、だからこそ感情が起因で怪異を呼びよせた神原駿河をあえてぶつけたのだろうが、隙のない論理で悪を語る沼地のその…

2016年上半期レビューまとめ(アニメ・ノベルゲーム)

2016年上半期に本サイトで掲載したアニメおよびノベルゲームのレビューをふり返る記事となります。短くまとめた所感からなんとなく各々の作品に興味をもってもらえればうれしいです。個人的なノートとしての役割のほうが大きいですが。 ●『CLANNAD』 導入、“…

『エルフェンリート』を読む(感想・レビュー)

いわゆるゼロ年代の想像力が生みだしたハートフルボッコ作品の代表格。三回くらい挫折してやっと完走した頃にはもう私は虫の息。でも見て・読んでよかった。身体のいろんなところが吹きとぶ作品のため軽々しく手を出すべからず。本記事ではそういった場面の…

『ef – a tale of memories』を読む/前夜(感想・レビュー)

物語をもてない少女が物語をもとうとする話。これは千尋だけでなくみやこについても言えることで、どうやら「a tale of memories」の一貫したモチーフのようである。残念ながら個人的に千尋というキャラクターにはなんの魅力も感じなかったが、設定はよかっ…

『半分の月がのぼる空』を読む (感想・レビュー)

私は不治の病ものに弱いので「くるぞ、くるぞ・・・・・・ほらきたー」みたいな展開できちんと泣ける訓練された読者である。不治の病ものは大きな主題が明確に決まっているので、その単純明快な主題をどれほど奥深いものにできるかは作家の器量にかかっており、二…

『涼宮ハルヒの消失』を読む(感想・レビュー)

ハルヒシリーズについていまさらなにも言うことがないというのは方便でもあり本音でもあり。ハルヒで入門すれば物語文法のAtoZはほぼほぼ学べる。しかも基礎文法の応用例まで完備した実に優秀な教科書であるから、ハルヒからアニメ・ラノベに没入したという…

『ソードアート・オンライン』を読む(感想・レビュー)

アニメ放送時に作者が実況という名の自作解説をやる(しかもご丁寧にすべての場面にコメントをつける)という前代未聞の自演があって少しひいたのもいまはいい思い出。エイズの話題が盛りこまれた時点で作者の“繫がりたい”という強すぎる意識は感じたけれど…

『クラナド』を読む 第三夜

第二夜において、並立する世界が互いのifでありつづけると書いた。どちらが本物というわけでもない、オリジナルのないコピーである。ここにもやはりボードリヤールのシミュラークルの概念を導入することができる。ドゥルーズの仮面の比喩をひくまでもなく、…

Reading CLANNAD: Second Night

As we saw before, in this work it is important to consider time axes enable us to read “a repetitive story” profoundly. There is lots of thought-provoking works triggering the desire to analyse, which is devoted to higher evaluation than b…

『クラナド』を読む 第二夜

本作において時間軸が重要であることは先に述べた通りだが、この時間軸というのは「ループもの」を読解する際の一般的な手綱である。考察と銘打った“推理”を誘う作品は示唆に富むものが多いし、そういった推理は作品の価値を高めるのに必要なものでもある。…

Reading CLANNAD: First Night

“Theory of Everything”, entitled in episode 14 in the first-term, is string theory which has been featured as an universal theory in physics. In fact there appear in the story a book on wave function and mention of the many-worlds interpre…

『クラナド』を読む 第一夜

1期14話に付された表題の“Theory of Everything”(万物の理論)とは、物理学が万有の理論として注目するひも理論を指す言葉である。実際に物語のなかで波動関数の書物が出てきたり多世界解釈についての言及があったりするのは時流を感じさせるが、ここでその…

Reading CLANNAD: Eve

CLANNAD was released as a PC game in 2004, which was to be made into animation in 2007-08 (first term) and in 2008-09 (second term). It is one of the readings to scrutinise how much narrative grammar, taken an attempt in all kinds of gal g…

『クラナド』を読む 前夜

PCゲームとして『クラナド』が発売されたのは2004年、そののちに映像化されたアニメ版の第1期・2期はそれぞれ2007年~08年、2008年~2009年に放送された。美少女ゲーム・アニメ(さらにはその他の物語メディア)においてそれまで試みられてきたあらゆる物語…