ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

感想・考察(レビュー)-神樹の館

『神樹の館』を読む 後夜(感想・レビュー)

『神樹の館』では、前夜でも述べたように、慣習的な日本の「家」について深い洞察があった。「うち」と「そと」の文化にふれ、家の全体性が個人の自己と同一視されるという現代においても問題とされる家社会の矛盾点を、物語として非常にうまくあらわしてい…

『神樹の館』を読む 前夜(感想・レビュー)

さすがにここまでは予想していなかった、というほどの仕上がり。これはすごい。日本古来の“家”の慣習と歴史=物語に対する深い洞察だけでなく、異類婚姻譚、日本の神、明治維新から大正にかけての和洋折衷文化、言葉遊びといった日本の伝統を余すことなく盛…