読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

英文学おすすめ再掲

文学の過去記事紹介シリーズ最後は英文学。専門なのでやや多めの7人についての記事を再掲。 ●メアリー・シェリー sengchang.hatenadiary.com英文学の小説で一冊選べと言われたら迷わずこれを選ぶ。まさに現代の人間が読むべき珠玉の名作。1818年に書かれたに…

エリザベス・ボウエン「幻のコー」

イギリス女性作家のこの感じを何と言ったらよいのか・・・・・・とにかく硬い。真面目と言うのなら日本やドイツの方がよっぽどという感じがするけれど、イギリス女性作家の色気のない文体は読んでいてなかなか手強いものである。ノーベル文学賞をとったドリス・レ…

Charlotte Bronte / Jane Eyre

This is Charlotte’s major work, needless to mention, adapted for the film in French a year ago (how many times?), which drew attention on the novel itself. Without exception, it is hard to choose a virtue of classical masterpieces to intro…

シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア』

一昨年にフランスで映画化されたことでふたたび脚光を浴びたが(何度目の映画化だろう?)、言わずと知られたシャーロットの代表作である。本作に限らず、古典的名作の美点を取捨選択して紹介するのはとてもむつかしいのだけれど、自分の文学のテーマでもあ…

Christina Rossetti / Selected Poems

I was really surprised at finding that a poem of Christina Rossetti was printed on the English textbook in Japanese junior high school. Our time is Emily Dickinson, an American poet. Why Rossetti’s poem was used might be due to the fact th…

クリスティーナ・ロセッティ 『クリスティーナ・ロセッティ詩集』

仕事先の塾で覗いた中学の英語の教科書にクリスティーナ・ロセッティの詩が載っていた時には驚いた。私たちの時にはアメリカの詩人エミリー・ディキンソンが載っていたけれど、まさかロセッティが載っているとは。その理由には、彼女が子供向けの詩を多く書…

William Blake / Songs of Innocence and Experience

‘Drop thy pipe, thy happy pipe; Sing thy songs of happy chear.’ So I sung the same again, While he wept with joy to hear.‘Piper, sit thee down and write In a book that all may read.’ So he vanish’d from my sight And I pluck’d a hollow reed…

ウィリアム・ブレイク『無垢と経験の唄』

あなたの楽しい笛を捨て 楽しい唄を歌ってよ。 そうして私はまた歌う その子は聴いて、涙に暮れた。 笛吹きさん、座ってそれを みんなが読める本に書いてよ― そしてその子は消えてしまった。 私は虚しい芦を一本摑みとる。 それでひなびた筆をこしらえ、 綺…

Thomas Hardy / Tess of the D'Urbervilles

As to modern tragedy, I always count Tess of the D’Urbervilles as a good example. Very different from classical tragedy in which a irresistible influence conquers human fates, modern tragedy is that evil of a human controls others. I’m not…

トマス・ハーディー『テス』

現代的な悲劇ということについて考える時この『テス』を一番最初に思いだすのだけれど、人間の力が及ばない巨大な影響力に運命を左右される古典的悲劇とは一線を画し、人間の〝悪〟がひとりの人間の運命を左右するというのが、現代的悲劇の特徴であると言え…

Sir Thomas Malory “Tristram and Isoud”

Malory’s version is not original. Sir Tristram de Lione, one of the episodes of which a medieval chivalry literary piece, La Morte D’Arthur consist, becomes the most famous because of its adaptations as Opera, for instance. Each episode is…

サー・トマス・マロリー版「トリスタンとイゾルデ」

「マロリー版」と断ったのはもちろん、マロリーの書いたものがオリジナルではないからである。「トリスタンとイゾルデ」はイギリス中世騎士道文学の傑作『アーサー王の死』の一部を成す物語であるが、いまやオペラなどで最も有名な挿話のひとつとなっている…

Alfred Tennyson / Enoch Arden

1850 has been regarded as the important year in English literature since Tennyson’s In Memoriam was published. After the death of Arthur Hallam who was Tennyson’s best friend and going to marry his sister, he had been writing In Memoriam f…

アルフレッド・テニスン『イノック・アーデン』

一八五〇年がイギリス文学において重要な年とされているのは、テニスンの『イン・メモリアム』が出版された年だからである。彼の妹と結婚するはずだった親友ハラムの死後、一八年もの間書き続けて完成させた彼を悼む詩集『イン・メモリアム』が評価され、テ…

John Milton / Paradise Lost

In the era after Shakespeare, through the confusion of Puritan Revolution in Britain, a great poet John Milton lived. It is surprised that he was blind when writing Paradise Lost. It is based on Genesis, and he largely expanded it by means…

ジョン・ミルトン『失楽園』

シェイクスピアのすぐあとの時代に活躍し、ピューリタン革命の動乱期を生きたイギリスの偉大な詩人である。この『失楽園』執筆時に彼は盲目であったというのだから驚きだ。旧約聖書の『創世記』をモデルとし、ミルトンはそこに自身の想像的世界を埋め込みな…

William Wordsworth / The Collected Poems of William Wordsworth

In English literature, as to the motif of Imagination and nature, Wordsworth is the primary poet we must consider in the first place. He is the most famous Romantic poet and belongs to the first Romantic generation with Coleridge, a predec…

ウィリアム・ワーズワース『ワーズワース詩集』

イギリス文学において想像力や自然とくれば、まずはワーズワースの名前を挙げねばならない。彼はコウルリッジと同じく前期ロマン派に属する詩人であり、バイロンやシェリー、キーツといった後期ロマン派の詩人に先立つ最も著名な作家である。ここでは、モー…

Mary Shelley / Frankenstein, or the Modern Prometheus

P. B. Shelley, a Romantic poet who wrote “A Defence of Poetry”, was remarried to Mary Shelley. The fact that she is the author of Frankenstein seems to be less known. Furthermore, Frankenstein is not a monster, but a name of the doctor who…

メアリー・シェリー 『フランケンシュタイン―あるいは現代のプロメテウス』

イギリスロマン派の詩人で「詩の擁護」を書いたP・B・シェリーにはメアリー・シェリーという再婚者がいた。彼女が『フランケンシュタイン』の著者だということはあまり知られていないようである。現代においてP・B・シェリーの詩を知っているひとはほと…

Anna Kavan / Ice

Although it is famous that Anna Kavan was strongly inspired by Kafka, the fact that her works are classified into SF is surprised. I didn’t regard it as such at all while reading it, if it were a result of an apocalyptic aspect of the stor…

アンナ・カヴァン『氷』

アンナ・カヴァンがカフカに大きな影響を受けたことは有名だが、彼女の作品がSFというジャンルに分類されていることには驚いた。読んでいた時にはこの小説をまったくそんなふうに見ていなかったし、黙示録的なところだけに着目した結果なのであれば、それ…

Charles Dickens / David Copperfield

My professor has been working on Charles Dickens. It is natural for me to be familiar with him when I was in the master’s programme, but to be honest, until the doctor’s programme, I didn’t find an interest from him at all. Swear to my pro…

チャールズ・ディケンズ 『デイヴィッド・コパフィールド』

私の先生はチャールズ・ディケンズを専門にしている教授である。当然、私は修士課程の時からディケンズに親しみかれこれ六年といったところだろうか、正直なところ、博士課程に入るまではディケンズの魅力がちっともわからなかった。先生の名誉に懸けて、そ…

George Eliot Silas Marner

A amount of dust piles up on the books of Eliot, said David Cecil, but she had been nurtured intelligently in the philosophical circle at that time, which enables her to weave complicated matters into a novel. That is prominent feature of …

ジョージ・エリオット『サイラス・マーナー』

エリオットの本に分厚く埃が積もっていると述べたのはかの有名なディヴィッド・セシルであるが、当時あった哲学サークルの中で知を養い、込み入った命題を物語の中に織り交ぜて表現したのがエリオットの小説の特徴であった。ヴィクトリア朝に活躍した女性作…

S.T. Coleridge “The Rime of the Ancient Mariner”

I don’t know exactly how many people know and read the author Coleridge, he is a poet in England from eighteenth-century to nineteenth-century, in the Romantic period. But…it’s really hard labour to read his works, necessary to endure in p…

S.T.コウルリッジ「古老の舟乗り」

コウルリッジという作家を今の本好きたちがどれだけ知っているのか(あるいは読んでいるのか)はわからないけれど、イギリスロマン派を代表する十八世紀から十九世紀にかけて活躍した詩人である。しかし・・・・・・コウルリッジを読むにはかなりの苦労が強…

Charlotte Brontë / Villette

In 2012, in last spring, the film of Jane Eyre, Charlotte’s first novel, appeared (how many times has it remade?), I was really glad to see many kinds of Jane Eyre printed by many kinds of publishers, every time I went to the bookshop in t…

シャーロット・ブロンテ『ヴィレット』

昨年春にシャーロットのデビュー作『ジェーン・エア』の映画が公開され(何度目のリメイクだろうか?)、イギリスに住んでいた私は書店に足を運ぶたび、様々な出版社から出た何種類もの『ジェーン・エア』を目にすることができてとても楽しかった思い出があ…

Katherine Mansfield “Something Childish But Very Natural”

This very attractive title comes from a poem written by a poet in Romantic period S.T. Coleridge . “If I had but two little wings / And were a little feathery bird, / To you I'd fly, my dear!” — though the idea is childish…. His poem is so…

キャサリン・マンスフィールド 「子供らしいが、とても自然な」

このひと際眼を惹く題名は、イギリスロマン派詩人S・T・コールリッジの同名詩からの借用である。「私に小さな羽根があり/かわいい鳥になれたなら/あなたの元へ飛んでゆくのに。」子供じみた発想だけれど・・・・・・というわけである。コールリッジの方…

Emily Brontë / Wuthering Heights

The other day, Peter, one of my teachers, came and said to me, “Yesterday night, I thought of you again.” Following his words, they say that a new wind power generator built in York was named “Wuthering Heights”. Watching it on TV, he visi…

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

先日、お世話になっている先生のひとりピーターが私のところへやって来て「昨晩、また君のことを考えていたよ。」と話しはじめた。彼によると、ヨークに新しくできた風力発電機が“Wuthering Heights”と名づけられたのだという。それをテレビで見た彼は、私が…