ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

文学(Literature)-ドイツ文学

世界文学おすすめ再掲(仏・独・その他)

文学についての過去記事を紹介するシリーズ。今回は英文学を除いた海外文学より選定。いまの自分を形作ったのはこのあたりの文学。 ●インガー・クリステンセン sengchang.hatenadiary.comノーベル文学賞を受賞したデンマークの詩人。現在彼女の著作で日本語…

Johann Wolfgang von Goethe / The Sorrows of Young Werther

This is the masterpiece of the eighteenth century Romantic literature Goethe wrote when he was twenty five years old. He was likely to love it much and proud that it was largely accepted as a whole. Many were fascinated by Werther’s figure…

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 『若きウェルテルの悩み』

二十五歳のゲーテが書いた十八世紀ロマン派文学の最高傑作である。ゲーテはこの作品を深く愛していたようで、概して世の中に広く受け容れられたことを誇りに思っていたのだという。多くの人々がウェルテルに心酔し、ロッテが文学における理想の女性像となっ…

Yoko Tawada “Gotthard Train”

It might be obvious that Yoko Tawada is a prominent writer if you’ve already known her so many careers. But in my case, I did understand her attraction in a truly sense when thinking of how we should read her works. At any rate, let alone …

多和田葉子 「ゴットハルト鉄道」

多和田葉子がすごい作家だというのは経歴を見ても一目瞭然だが、彼女の作品をいったいどのように読もうか?と考えた時、ようやく彼女の本当の魅力が理解できたような気がする。これはあくまで個人的な体験だけれども。いずれにせよ、国内での評価も然ること…

Franz Kafka “Before the Law”

Kafka has been my favourite author since I was in university. His works are really of my kind of thing because I love what is complicated, and they, the ample narratives without limits of analysis, cannot be classified into one genre. The …

フランツ・カフカ「掟の門」

カフカは大学時代から大変好きな作家だった。謎好きの私にとってカフカのような作品というのはとても味わい深く、嚙めば嚙むほど味が滲みでてくる重厚な物語はひとつのジャンルに分類されて然るべきではないだろう。『審判』や『城』といった小説は読むのに…