読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

トマス・ハーディー『テス』

現代的な悲劇ということについて考える時この『テス』を一番最初に思いだすのだけれど、人間の力が及ばない巨大な影響力に運命を左右される古典的悲劇とは一線を画し、人間の〝悪〟がひとりの人間の運命を左右するというのが、現代的悲劇の特徴であると言え…