読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

世界文学おすすめ再掲(仏・独・その他)

文学についての過去記事を紹介するシリーズ。今回は英文学を除いた海外文学より選定。いまの自分を形作ったのはこのあたりの文学。 ●インガー・クリステンセン sengchang.hatenadiary.comノーベル文学賞を受賞したデンマークの詩人。現在彼女の著作で日本語…

Denis Robert / Happiness

I wonder how sex has been dealt with in contemporary French novels. When it comes to love, we say France. Sagan, Collette, and Bataille described so much attractive characters, but if they are here, it must be terribly uncomfortable to be …

デニス・ロベール『幸福』

フランスの現代小説で性がどのように扱われうるだろうと考えていた。恋愛と言えばフランスである。サガンも、コレットも、はたまたバタイユも、とても心惹かれる人物を書いたが、しかしもしそうした作中人物たちが傍にいたら不愉快な気持ちになること請け合…

Arthur Rimbaud / Selected Poems

Around ten years ago — from nineteen to twenty, I’d been really into reading French poetry. Baudelaire, Verlaine, Jacques Prévert, Paul Éluard, and Apollinaire...Rimbaud was one of them I chose. My friend at that time likes a translation b…

アルチュール・ランボー『ランボー詩集』

今から十年ほど前、一九歳から二十歳くらいにかけて、フランスの詩を浴びるように読んだ。ボードレール、ヴェルレーヌ、ジャック・プレヴェールにエリュアール、アポリネール・・・・・・その中には当然ランボーも入っている。その頃仲の良かった友人が小林…

Sidonie-Gabrielle Colette / Ripening Seed

I encountered Colette about ten years ago. When in 18 or 19 — a term of being neither adult nor child — I read Ripening Seed, very impressive novel. Through the intercourse, “almost adult but childish”, developed in the novel, I notice it …

シドニー=ガブリエル・コレット『青い麦』

コレットとの出逢いはおよそ十年前にまで溯る。高校三年か大学一年か、それくらいの“大人と子供の中間”くらいの時期に読んだ思い出深い小説がこの『青い麦』である。小説の中で展開される“almost adult, but childish”な遣りとりを読んでいると、やはりこう…

Françoise Sagan / A Certain Smile

When referring to my literary life, I always say I began with Françoise Sagan. Before reading Sagan, I had already been familiar with short stories of Sartre or works of Boris Vian (of course in high school we were made to read Souseki or …

フランソワーズ・サガン『ある微笑』

誰かに文学について話す時、私は「フランソワーズ・サガンから文学に入った」と言う。その前にもサルトルの短篇やボリス・ヴィアンなどを読んではいたのだが(もちろん高校では漱石や谷崎なども読まされていた)、自分から手に取った小説から“文学”を感じた…

Albert Camus The Plague

It was a fortunate experience for me to re-read The Plague by Camus in the class when I was in the first grade of the masters programme. Personally, I was into his works when I was twenty-year-old, though we do need patience to read throug…

アルベール・カミュ『ペスト』

修士一年の時にフランス語の(学部と併合の)授業でカミュの『ペスト』を読み返すことになったのは、個人的にはとても幸運な偶然であったと思う。カミュという作家は確か大学二年くらいの時にかなりぐっと深く入り込んで読んだ作家であったが、こういう作家…

Jules Supervielle “L’enfant de la haute mer”

My literary interest began with French literature because I love pieces of work like this. Mystery or strangeness is associated with an idea of pathos or confusion in some cases. ‘L’enfant de la haute mer’ is also the same sort of short st…

ユール・シュペルヴィエル「海に住む少女」

私はフランス文学から文学の世界に入ったが、まさにこうした作品を好むがために、と言い換えてもよいくらいである。謎や不思議が切なさに結びついたり、わずかな戸惑いをひき起こしたりする。「海に住む少女」もそうした一面をもつ短篇である。詩人であるシ…