ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

文学(Literature)-日本文学

江國香織「デューク」

江國香織の良さはこの短篇を読めばわかる。二〇〇一年のセンター試験に使用され、テスト中に泣きはじめる受験生が続出したというあの物語である。当時受験生だったうちの姉が「現代文の問題が感動的すぎてつい読むのに夢中になってしまった」と語っていたこ…

Houei Nojiri / Stars Three Hundreds and Sixty-five Nights

What is familiar stars to Japanese is Vega, Altair and Deneb — the Summer Triangle can be observed in the east sky in late spring. Deneb especially twinkles modestly in comparison to the rest of them, but in the night without moonlight, it…

野尻抱影『星三百六十五夜』

小学生の理科でも馴じみが深い夏の大三角形―ベガ、アルタイル、デネブ―は、春の終わりにも東の中空にて観測することができる。デネブはそのうちで最も小さい光を放つ星ではあるが、月明かりの少ない晩には、共にはくちょう座を形作るその周辺の星々と寄り添…

Rieko Matsuura / An Inverted Version

When I say “I’m fond of reading Rieko Matsura”, my professor frowns, though, she is one of my favourite novelists. She is a very feminist writer, but that is not the issue with which I attempt to deal here. Rather, her style of writing is …

松浦理英子『裏ヴァージョン』

「松浦理英子を読んでいる」と言うと私の教授は「うぇぇっ」という顔をするのだが、個人的にはとても好きな作家である。こてこてのフェミニズム小説を確信犯的に書く作家だが、私の論点はそこではなく、彼女の文体にある。頭が混乱して文章が書けなくなった…

Banana Yoshimoto “Night & Night Travelers”

I’d never seen a flower of banana before I read Pineapple, one of her essays. “A flower was arranged in that big vase dynamically. I’m happy that kind of strange big thing is existed in this world. Its leaves and also a stalk, are really c…

吉本ばなな「夜と夜の旅人」

吉本ばななのエッセイ『パイナツプリン』を読むまで、私はバナナの花というものを見たことがなかった。彼女は言う。 「それは、そこにあるでっかい花瓶に、なんとダイナミックに一輪ざしであった。・・・・・・あんなに大きく変なものがこの世にあるなんてそ…