ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

文学(Literature)-日本文学

銀色夏生『すみわたる夜空のような』

物凄くたくさんの本を出しているひとである。うちにあるのは二冊だけだが、いいのを買ったなあ、と思う。何処かでこのひとのことを書いた時に、私も好きです、と言ってきたひとがいたのも、その密やかな人気ぶりを窺わせる。江國香織の詩のようでもあり、少…

Kaho Nakayama / To the Brink of The White Rose

I don’t remember the first time I read this novel, though reading many times, which comes to be one of the impressive novels for me. While the novel, awarded in Japan, is more famous than any other works of her, but in fact, it’s a pity th…

中山可穂『白い薔薇の淵まで』

この小説をはじめて読んだのがいつだったのかもう憶えてはいないが、その後幾度となく読み返すことになった思い入れの深い一冊である。山本周五郎賞を受賞した本作は著者の作品中でも知名度が高い方だとは思うが、同性愛を扱った小説ということもあり、あま…

Shion Miura / The Secret Garden

Weave A Bark, the film (this is a good one), appears as a work which might make her name known in a broad range. She seems to be an occupational writer who is able to handle issues unfamiliar by means of her own precise research. It is tru…

三浦しをん『秘密の花園』

『舟を編む』が公開され(これはとてもいい映画だった)三浦しをんの名前はまた一段と広く認知されたことだろう。このひとはわりと職業的な作家のようで、実に様々なジャンルを、自分の知っている範囲外のことも取材をして扱うことのできる作家だという印象…

Miri Yu / Goldrush

I was reluctant to read her works as I couldn’t stand something raw she wrote down. But after setting out to work on Emily Brontë, I came to be more attracted by such novels like this.First time I met GoldRush is in a class dealing with Ru…

柳美里『ゴールドラッシュ』

大学の時にはずっと敬遠していた作家である。というのは、書かれていることの生々しさにどうしても耐えられなかったからだ。しかし大学院でエミリ・ブロンテの研究をはじめてからというもの、こういった小説の方が自分の興味を惹きつけて止まないということ…

Tomo Kataoka / Narcissu

Narcissu is entitled without the final character ‘s’ of “narcissus”, which means a hope to reduce a number of suicides.This book is worth even if you read only three pages, I think. Even though diction and grammar are sometimes wrong, ther…

片岡とも『ナルキッソス』

原題のNarcissuは“Narcissus”から最後の“s”を落としたものであり、これは自殺(“Suicide” の“s”)を失くしたいという製作者の想いからきているのだという。たとえ最初の三ページだけでも、この本は読む価値があると私は思う。言葉遣いがおかしくても、文法が…

Mariko Asabuki / Kiko Towa

I’m afraid that have been written less contemporary novels in which each word has lots of meanings and a power to dominate the story. However, at the same time, the fact dares to demonstrate other significance of novels than it. Anyway, Ki…

朝吹真理子『きことわ』

あるひとつの言葉や文が何重もの意味をもって、かつ物語のプロットをも支配するような、そういう類の小説が今はあまり日本で書かれていないというのはとても残念なのだけれど、それは同時に、小説の意義がそれだけではないことを身体をはって(誰かが?)実…

Shuji Terayama / Selected Poems

“My job is Shuji Terayama” is a famous phrase he left. He was enough versatile to involve himself in various areas, I suppose; because I don’t know other works than this work I first met. Nevertheless, reading his poems, I can recognise de…

寺山修司『寺山修司少女詩集』

「職業は寺山修司」という本人の言葉が残っているように、寺山修司は実に様々な分野で活躍したひと、らしい。というのも、詩作品以外に彼の創作に触れたことがないため、他のことはちょっとわからない。ただ、この詩集を読むと彼がいかに慧眼であったのかは…

Reiko Katayama / A crown in summer

I don’t remember exactly but a certain designer might introduce the book in the magazine for girls. Anyway, because of that, I bought this book. And I also have another picture book Tin Keynotes, filled with so many splendid words which sh…

片山令子『夏のかんむり』

spoon.という女の子向けの雑誌でこの詩集に触れていたのは、確かmotherというブランドのデザイナーであるeriさんだった気がするのだけれど、とにかくそのような経緯で知って手に入れた一冊である。他に『ブリキの音符』という絵本ももっている。こちらもまた…

Kenji Miyazawa “A ginkgo nut”

Somehow I come to be in peace after reading Kenji Miyazawa. It might be because he was in a harsh life without any repose. His sense of tranquil description is clean like a wind blowing in the land of Iwate. He is definitely one of the mos…

宮沢賢治「いちょうの実」

宮沢賢治を読むと、なんだか心がほっとする。それは彼が、ほっとする暇もないような人生を歩んでいたからだろうか。彼の静謐な筆致は、岩手の大地に吹き渡る風のように美しく澄みわたっている。賢治は間違いなく日本を代表する作家である。この短篇を知った…

Haruki Murakami / Wild Sheep Chase

Hearing the name “Haruki Murakami”, as my personally impression, I always come to feel full. Of course, he is one of the authors I read profoundly many times before. During my stay in the UK, everybody knows his name. That’s why there appe…

村上春樹『羊をめぐる冒険』

個人的には「村上春樹」の名前を聞くと、もうお腹いっぱいだ、と応えてしまう。もちろん、それほど何度も、深く読み込んだ作家のひとりであるということだ。英国に住んでいた時も彼を知らないひとは周りにいなかったし、それくらいいろんなひとにいろんなわ…

Kaori Ekuni “Duke”

Ekuni’s exquisite taste can be perceived if you read this piece. In 2001, this story was used in National Center Test for University Admissions in Japan. It is famous that there were lots of students, reading this story whole through, who …

江國香織「デューク」

江國香織の良さはこの短篇を読めばわかる。二〇〇一年のセンター試験に使用され、テスト中に泣きはじめる受験生が続出したというあの物語である。当時受験生だったうちの姉が「現代文の問題が感動的すぎてつい読むのに夢中になってしまった」と語っていたこ…

Houei Nojiri / Stars Three Hundreds and Sixty-five Nights

What is familiar stars to Japanese is Vega, Altair and Deneb — the Summer Triangle can be observed in the east sky in late spring. Deneb especially twinkles modestly in comparison to the rest of them, but in the night without moonlight, it…

野尻抱影『星三百六十五夜』

小学生の理科でも馴じみが深い夏の大三角形―ベガ、アルタイル、デネブ―は、春の終わりにも東の中空にて観測することができる。デネブはそのうちで最も小さい光を放つ星ではあるが、月明かりの少ない晩には、共にはくちょう座を形作るその周辺の星々と寄り添…

Rieko Matsuura / An Inverted Version

When I say “I’m fond of reading Rieko Matsura”, my professor frowns, though, she is one of my favourite novelists. She is a very feminist writer, but that is not the issue with which I attempt to deal here. Rather, her style of writing is …

松浦理英子『裏ヴァージョン』

「松浦理英子を読んでいる」と言うと私の教授は「うぇぇっ」という顔をするのだが、個人的にはとても好きな作家である。こてこてのフェミニズム小説を確信犯的に書く作家だが、私の論点はそこではなく、彼女の文体にある。頭が混乱して文章が書けなくなった…

Banana Yoshimoto “Night & Night Travelers”

I’d never seen a flower of banana before I read Pineapple, one of her essays. “A flower was arranged in that big vase dynamically. I’m happy that kind of strange big thing is existed in this world. Its leaves and also a stalk, are really c…

吉本ばなな「夜と夜の旅人」

吉本ばななのエッセイ『パイナツプリン』を読むまで、私はバナナの花というものを見たことがなかった。彼女は言う。 「それは、そこにあるでっかい花瓶に、なんとダイナミックに一輪ざしであった。・・・・・・あんなに大きく変なものがこの世にあるなんてそ…