ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

文学(Literature)-松浦理英子

松浦理英子『裏ヴァージョン』

「松浦理英子を読んでいる」と言うと私の教授は「うぇぇっ」という顔をするのだが、個人的にはとても好きな作家である。こてこてのフェミニズム小説を確信犯的に書く作家だが、私の論点はそこではなく、彼女の文体にある。頭が混乱して文章が書けなくなった…