読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

2016年の読書をふり返る

精神病理学の文献精査から、今年は本格的に哲学の文献に傾倒した感があり、物語の量が少ない。それ自体は自分にとって必要な手続きだったので特に感慨はないものの、やはり全体的には読む量が減ってしまったのが残念。書き込みは必須、再読も必須となれば、…

2015年の読書をふり返る

一度どうしてもこれをやってみたかった。友人と酒を飲みながら互いの書籍リストなぞ見せあいつつああだこうだ言うようなそんな体で進めてゆく。実際リアルでやってもいいのだけれど、これを書いてからでも遅くはあるまい。 <リスト> Emily Dickinson Selec…

『天才柳沢教授の癒やしセラピー』を読む(感想・レビュー)

友人が誕生日プレゼントをくれると言うので、じゃあおれに読んでほしい本をくれと言ったら、この本をくれた。ちなみに友人は臨床心理士である。私がいまだに通院しなくて済んでいるのはこの友人のおかげでもある。 それにしても面白い本だった。どうやら魅力…

野矢茂樹『心と他者』を読む

「意識の繭」という『素晴らしき日々』のMADを見たSCA-自がその言葉を気に入って『サクラノ詩』のOP「櫻ノ詩」の歌詞に使った、という流れでよかったと思うが、その「意識の繭」という言葉はもともと野矢茂樹が本作で用いた言葉である。野矢のウィトゲンシュ…

博士後期課程まで行った文学好きが勧める本の読み方 後夜

前夜から微妙にタイトルが変わっていますがそこはご愛嬌。読む本の探し方なんてものは本当はなく、手にとって読みたいと思ったら、それはもう読む本を見つけたということ。そのくり返しが習慣化したあたりで読むのがこの記事。誰もおまえに頼んでねえと言わ…

博士後期課程まで行った文学好きが勧める本の選び方 前夜(初級編)

記事の更新を意気込んではじめたはいいものの、日本語と英語で作品の読みを展開するだけでは身がもたないことを早くも痛感し、雑文も書くことを決定。更新頻度をあげる狙いもあるが、英語に“翻訳”することの手間とつまらなさに気づいてしまった。もともと翻…

Chihiro Iwasaki / Love Letter

“Adults are to grow up to be one who spontaneously loves others in spite of many difficulties they face.” This passage is the famous words Chihiro Iwasaki left us. We can read it as an essay in this book.Reading this essay hung on the wall…

いわさきちひろ『ラブレター』

「大人というものはどんなに苦労が多くても、自分のほうから人を愛していける人間になることなんだと思います。」いわさきちひろが残した有名な言葉である。本書の中では「大人になること」というエッセイとして収録されている。長野県安曇野にある「いわさ…