ユール・シュペルヴィエル「海に住む少女」

私はフランス文学から文学の世界に入ったが、まさにこうした作品を好むがために、と言い換えてもよいくらいである。謎や不思議が切なさに結びついたり、わずかな戸惑いをひき起こしたりする。「海に住む少女」もそうした一面をもつ短篇である。詩人であるシュペルヴィエルの散文を集めた『海に住む少女』は、表題作を含め…