『クラナド』を読む 第二夜

本作において時間軸が重要であることは先に述べた通りだが、この時間軸というのは「ループもの」を読解する際の一般的な手綱である。考察と銘打った“推理”を誘う作品は示唆に富むものが多いし、そういった推理は作品の価値を高めるのに必要なものでもある。村上春樹が流行するのも(*)、『CROSS†CHANNEL』や『素晴らしき…