『何処へ行くの、あの日』を読む(感想・レビュー)

呉さんの本気『何処あの』はなかなかの意欲作で、語りのパターン化や島君の明かされない過去や木之下君の想像を絶する気持ち悪さなどは眼につくものの、おおむねすばらしい出来である。殊に“噓の世界”を消してゆく虫喰い現象の仕掛けなんてため息が出るほど。絶望的な現実を消してくれる千尋の暗躍も興味深いが、無数の世…