『罪ノ光ランデヴー』真澄あいルートを読む(感想・レビュー)

小川未明の『赤い蝋燭と人魚』の焼きなおし、ではないけれど、実は本作では、文学史的に見ると重要なある切り口から小川未明の作品を批判的に敷衍していることがわかる。本家については過去記事を参照。 sengchang.hatenadiary.com また、たまたま読んでいた木村敏の書籍に、テレンバッハの仕事を分析しながら罪責妄想につ…