ワザリング・ハイツ -annex-

どんなに忙しい毎日でも、紅茶を飲んで、ほっとひと息。

2017年下半期レビューまとめ

f:id:SengChang:20171217221111p:plain

2017年下半期に本サイトで掲載したノベルゲームのレビューをふり返る記事。各作品の所感を短くまとめて紹介します。プレイした時期が一年以上前のものも混ざっているため、今年鑑賞したものには、作品名の横に2017と表記しておきました。それではいってみましょう。

 

●『すみれ』(2017)

f:id:SengChang:20171217221105p:plain
ひとつの物語が複数の物語から成る必然を強く感じさせる独特な構成が興味深い作品。いまではありふれたネット人格の問題を扱いながら、自己分裂を前提としたネットでのペルソナを、現実の自己とともに正面から受けとめようとした物語ではないかと思う。ノベルゲームのなかでノベルゲームを攻略させるという入子構造などは間テクスト性の特質を生かした注目に値するものであった。また『ナルキッソス-スミレ-』をプレイするのであれば必ず読んでおかなくてはいけない作品でもある。

sengchang.hatenadiary.com

●『ナルキッソス-スミレ-』(2017)

f:id:SengChang:20171217221112j:plain

“生きた証”というのはナルキッソスシリーズに通底する主題のひとつであるが、他者のうちに自らの生きた証を残したい、というスミレの想いが本作の中心主題であった。こうしたスミレの物語を見届けるあかりもまた、スミレの闘病生活を通じて“死の物語”を代理体験し、新たな自己同一性を獲得してゆくことになる。『ナルキスミレ』のすぐれた点は、本作のあかりの物語によって、『すみれ』におけるあかりの物語を再定義せざるをえなくなるところであろう。『ナルキスミレ』でのスミレの死が、あかりの生を変革するだけでなく、ひとつの作品の在り方を定義しなおしてしまうという、これまでのノベルゲームにはなかった試みが展開されたと高く評価できる。『ナルキッソス』および『ナルキッソス-SIDE 2nd-』、『すみれ』を終えたあとにプレイすることを強くおすすめする。

sengchang.hatenadiary.com

●『少女アクティビティ』(2017)

f:id:SengChang:20171217221115p:plain
体からはじまる恋、というありきたりな主題を扱いながらも、世間の常識とはちがう過程を踏まなければならなかった理由に、うまく焦点を当てた良作であった。あまり期待していなかったものの、常識が崩れ去る体験をした彩夏が、もう一度なにかを摑むために手探りで前に進もうとする姿は心をうつものがある。次作『少女マイノリティ』も併せてプレイすることを強くおすすめする。

sengchang.hatenadiary.com

●『AIR』(2017)

f:id:SengChang:20171217221110p:plain

私たち日本人が内的に累々と受けついできた“家”社会の精神に根差した物語。『神樹の館』でも提示された主題、すなわち同じ家系の者をみな「うち」として同一視し、個人を家の全体性に帰する問題点を『AIR』は巧みにあばきだしてゆく。抗いがたい力を外部に設定する西洋とは異なり、日本の場合は自身の内部に――家族の「うち」に――それが存在するという、独特な文化的特徴を的確にあらわした物語であろう。

また「補遺」として書いた記事では、『AIR』がいかに熊野の風習をなぞる作品であるかを、熊野の風葬や霊長信仰、参詣といった古い慣習をたどりながら整理しておいた。日本の風土・風習についての文献を参照することで、より豊かに作品の様相が見えてくるような、文字通り果ての知れない不朽の名作である。

 

sengchang.hatenadiary.com

sengchang.hatenadiary.com

sengchang.hatenadiary.com

●『腐り姫』(2017)

f:id:SengChang:20171217221102p:plain

AIR』や『神樹の館』と問題意識を分かつ、日本の“家”文化の矛盾を、個人の自己同一性の主題と結びつけた名作である。部分が全体を表象する、あるいは全体が部分をあらわしてしまう、「(わたしの)内側世界=所属集団」という日本文化の特徴を寓意化した物語と言えよう(オギュスタン・ベルク『空間の日本文化』Ⅲ-1)。簸川家から脱するための営為が逆説的に簸川家を存立させる摂理となってしまう――自立した自己同一性の獲得こそが自己同一性の崩壊を導くものでもあるという、私たち人間がはらむ絶対矛盾的自己同一の性質を、物語として語りだした卓抜な試みであった。このひどく内側に閉じた息苦しさこそ、私たちが脈々と受けついできた日本の文化そのものである。

sengchang.hatenadiary.com

sengchang.hatenadiary.com

●『らくえん』(2017)

f:id:SengChang:20171217221103p:plainエロゲーマーのバイブルとしていまだ人気を誇る言わずと知れた名作である。徹頭徹尾世の正しさを笑い飛ばして堕ちつづける潔さはまさに爽快。矢継早にくりだされるやりとりを追いかける合間に、いたるところで前向きに語られる“堕落”の意義を考えてみると、エロゲーマーならではのゆがんだ生き方の謳歌が聞こえてくるはずである。プレイにしりごみしているひとがいるならば、いますぐにでも手をつけろと強く推したい作品のひとつ。

sengchang.hatenadiary.com

●『アマツツミ』響子√(2017)

f:id:SengChang:20171217221108p:plainimaginary friendという、自己の一部としての他者をどう扱うかについての、現代的な主題を俎上に載せた響子√は、かつてシュペルヴィエルが「海に住む少女」で展開した悲しい物語を新たな角度から語りなおした物語であると言えよう。事実の捉えなおし、言うなれば論理の組みなおしから、利己的な自己の在り方を省みる深い洞察がここでは示された。愛√やほたる√も然り、自己の一部が他者化するという主題は、本作における重要な主題のひとつだと改めて感じる。

また本記事では、折口信夫の「あまつつみ」研究を参照することで、彼の主張した語源と語義から『アマツツミ』の物語を新たに再定義できることを記しておいた。折口の主張する通り、「あまつつみ」を「罪」と「慎み」の表現として解するとき、『アマツツミ』の物語の力点は大きく変わってくるのである。そこからの物語解釈までは展開していないが、あいまいな言葉が複眼的な視点をもたらす語義の妙は、本作のテーマ“言霊”と相俟って大変魅力的に映るのではないであろうか。

sengchang.hatenadiary.com

●『ファタモルガーナの館』(2017)

f:id:SengChang:20171217221107p:plainノベルゲームの技法を最大限に駆使して精妙を極めた総合芸術とでも言うべき傑作。明らかに英文学の影響を受けたこの物語は、「マルチ・ナラティヴ」「自己同一性」「ゴシック・ロマンス」「宗教」といった文学的主題から捉えなおしてみることで、ノベルゲームの枠を超越した問題意識が見えてくる。複相的な物語のたたみかけるような言葉の応酬に酔いしれながら、ノベルゲームの可能性を大いに感じてほしい名作である。西洋文学に明るいひとであればあるほど、本作に埋めこまれた様々な主題を見つけだして愉しめるのではないかと思う。

sengchang.hatenadiary.com

sengchang.hatenadiary.com

●『枯れない世界と終わる花』(2017)

f:id:SengChang:20171217221100p:plain各ヒロインの魅力を余すことなく描出し、なおかつ大切なものと命の交換という、なじみ深い主題を真摯に扱った良作。感情についての複眼的な洞察は一考の余地があり、視点を変えることで悲喜が見事に入代わるさまは圧巻であった。また短い物語のなかで粒ぞろいの科白を次々とくりだす語りには大変愉しませていただいた。

sengchang.hatenadiary.com

●『天使のいない12月

f:id:SengChang:20171217221101p:plain生きるためにゆがんだ若者たちの葛藤を軸に、生きている実感を感じるため、身体的なつながりを求める生=性の物語。喪失の恐怖がゆえに心から他者とふれあうことを拒む少女雪緒は、感情を切りはなした疎隔を自ら進んで背負いこむが、あくまで深い思いやりをもった一介のやさしい少女にすぎない。だからこそ、これまで自分を苦しめてきた喪失への恐怖を自らが他者に与えた事実に気がつくとき、彼女のなかで大きな価値の反転が起こるのである。疎隔や離人の主題はこのころからノベルゲームの定番となってゆくが(同年の『CROSS†CHANNEL』など)、誰もが得心するような日常的な感情の変化を捉えて、その主題をまっすぐに描いた点で本作は大変興味深く感じた。

sengchang.hatenadiary.com

●『ナルキッソス0』

f:id:SengChang:20171217221106p:plain7F創設の歴史が語られる本作『ナルキ0』では、境界の主題をもとに、「去る者」と「残される者」の矛盾した関係が切々と語られる。ナルキッソスシリーズに親しんだ読者だからこそ、本作を最後にプレイしたうえで、過去作品に一貫した主題とふたたび向きあってみてほしい。各作品の人物たちの言葉や生きる姿勢が互いに線を結び、ひとつの大きな意味を形作るような、意義深い体験のできる作品が本作『ナルキ0』であった。本記事では『ナルキ0』のレビューに加え、「ナルキッソスシリーズ総括」として、各作品に共通した主題についても概括した。私個人にとって非常に特別な意味をもつ作品群であり、これからも長く語りつがれてほしいすばらしいシリーズである。

sengchang.hatenadiary.com

●まとめ記事など

f:id:SengChang:20171217221114p:plain掲載済みの作品について、心に残ったCGにコメントを付しながら展開する記事をいくつか掲載した。下半期は『紙の上の魔法使い』と『アマツツミ』の二本をとりあげている。また一本レビューを書くには勢いの弱かった作品についても、今後はこの形で記事を掲載することにしたいと思う(前節の『枯れ花』のレビューなど)。なお、まとめ記事としては、批評空間などで低・中評価を下された作品で、私自身おもしろいと思った作品を紹介する記事を書いておいた。

sengchang.hatenadiary.com

sengchang.hatenadiary.com

sengchang.hatenadiary.com

●付記:今年のふり返りと来年の見通し

f:id:SengChang:20171217221104p:plain予想に反して多くの作品をプレイできた下半期。CGを引用してコメント付す註釈記事や、テーマごとに整理するまとめ記事なども併用し、一年を通じていろいろな作品を掲載することができた気がする。2017年にプレイした作品から秀作を選ぶとすれば『神樹の館』『アマツツミ』『AIR』『腐り姫』だろうか(『SWANSONG』は意図的に除外・・・・・・)。順位はちょっとつけられない。四作ともひと言では形容しがたい魅力をもった作品であった。

ツイッターでいつもリツイートをしてくださる方々や、おりにふれてコメントをくださる方々には、いつも本当に感謝しております。ありがとう。来年の春からは、そもそもプレイ自体できるかどうかというところまで忙しくなるため、サイトの存続がかなり危ぶまれますが(笑)、外向けに書く習慣を保つようできるだけ更新を維持したいと考えております。来年度もひき続きよろしくどうぞ。

⇒2017年上半期レビューまとめ - ワザリング・ハイツ -annex-

f:id:SengChang:20171217221113p:plain